HEAT20、高断熱

浜松市、ケルン、ケルンプラスケイ、東区、中郡町、建築、設計、家、ハウス、ガレージ、リフォーム

「HEAT20」とは、2020年を見据えた住宅の高断熱化を掲げ2009年に発促した有志団体です。
環境負荷の軽減、居住者の健康と快適な住まいを実現するため、居住空間の温熱環境やエネルギー性能耐久性などの観点から快適性向上のための技術開発、評価手法の普及を目的としています。

国が目標としている省エネ基準よりも高い性能基準を設け、断熱、遮熱、通風、採光などを考慮した外皮性能=建物の外部に面した面(壁、屋根、基礎部分、窓など)の性能をもとに居住エリアの気候にあわせて基準を定めています。外皮性能は熱の逃げていきやすさを表す「UA値」で評価されます。この基準を満たした家は、夏も冬も快適な省エネ性の高い家となるのです。
暖房機器に頼るだけでなく、構造や間取りなどの工夫により受動的に太陽の熱を利用し、そしてその熱を逃さないように保温する。自然エネルギーを上手に利用し活用した家こそこれからの住まいのかたちだといえます。Kernの家は省エネ基準とZEH基準の高断熱・高気密を確保した上で、それを超えるこのHEAT20 G2を基準としています。

一年を快適にすごす

1年を快適に過ごすためには、冬の寒さ対策が重要なポイントとなります。そのためには断熱性能を高めることが必要です。断熱性能を高めることで、外の暑さ寒さの影響を受けにくく室内の保温性も高まります。
保温性が高いということは、少ないエネルギーで効率よく暖めたり冷やしたりができ少ないエネルギーで賢く健康で快適に暮らすことができるのです。
季節のいい時期は、窓を開け自然の風を感じることはやはり気持ちのよいものです。高断熱・高気密だからといって窓を閉め切る必要はなく、風や光を取り入れ自然を感じて生活することは健康的で快適な暮らしの一つだと言えます。ただ、窓を閉めた時には完全に外の熱を遮断できる仕組みにしておけば良いのです。

基礎内断熱

■厚さ80㎜の断熱パネル
防蟻性能のある断熱パネル(パフォームガード)を基礎の内側に施工。パネルは人体に無害で半永久的に持続するホウ酸物資が含まれています。

▲継ぎ目は防蟻シール剤処理
▲熱橋対策 基礎コンクリートと断熱パネルの隙間部分へ発砲ウレタンを吹付け外気からの熱の通りを遮断
断 熱 材

Kernでは、2種類の 工法を採用しています。お客さまのご要望にあわせて施工します。

1.吹付け断熱工法

硬質ウレタンフォームを霧状に吹き付けて発泡体を作り家の断熱性を高めます。
現場発泡で吹付け。隙間ができやすい部分にも充填するため断熱性と気密性を確保。金物など、熱橋部分にも施工するため結露を防止します。

2.吹込み断熱工法

■高性能断熱材(通常より断熱性の高いグラスウール22K)を専用作業車にて隙間なく細部まで吹込みます。
※セルロースファイバー施工可

▲吹込前

▲吹込後

K2断熱仕様 玄関ドア

■断熱性能がより高いK2断熱仕様。室外の熱が室内へ伝導するのを防ぎます。
ドアや窓から出入りする熱は、屋根や外壁よりもはるかに大きな割合を占めています。開口部を断熱化すると「冬は暖房」「夏は冷房」の効きが良くなります。一年を快適な住まいにするためにK2断熱仕様のドアを採用しています。

 

高断熱な樹脂フレーム窓とLow-Eガラス

熱を伝えにくい樹脂フレーム素材と高性能ガラスにより断熱性能を向上させます。樹脂フレーム、多層ホロー構造、樹脂のスペーサーを兼ね備えたLIXILのEW高性能樹脂窓を採用。
Low-Eガラスの中空層には熱伝導率の低いアルゴンガスを封入。室内を快適な温度に保ちながら冷暖房エネルギーを大幅に削減し、不快な結露も抑制します。

TOSTEM 樹脂窓EWカタログより

PAGE TOP